2008年02月14日

産科医不足の問題点

■ 産科医不足が、周産期医療に及ぼす影響

 産科医不足は少子化以上に深刻な社会問題である。
地方の総合病院では、産科医不足の対策として院内助産院・助産師外来の導入が進められている。通常の正常なお産は助産師が、ハイリスクは産科医が受け持つ。数年後には、我国のお産は助産師による妊娠・分娩・新生児管理が主流になると思われる。院内助産院で異常事態が発生した時に、産科医が応援する。この方法は理想的な様にみえる。しかし、我国の社会問題である少子化対策・発達障害児の発生防止策にはならない。何故ならば、助産師の多くはお産の現場に予防医学(科学)を導入することに対して批判的であるからである。

助産師が理想とするお産:自然分娩と完全母乳哺育に代表される。
1.自然分娩:
    ・陣痛促進剤を使わない
    ・会陰切開をしない
    ・お産は痛いのが自然(産科麻酔に批判的)
2.新生児管理:
・WHO/ユニセフの『母乳育児を成功するための10カ条』を支持
    ■第4条:生後30分以内の「カンガルーケア」
    ■第6条:母乳以外の糖水・人口ミルクを飲ませない
(厚労省が1993年にWHO/ユニセフの10カ条を後援した)
 
 我国では、自然分娩と完全母乳哺育が安全で理想のお産・赤ちゃんに優しい新生児管理と思われているが、母児にとって不利益であるだけでなく少子化対策・発達障害児防止策にもならない。その理由は、自然だけで科学の無いところに安全な医療そして満足いく快適なお産は無いからである。また科学の無い医療現場に医師の卵は関心を示さず、産科医不足はエスカレートするばかりである。
 自然の短所を科学で補うのが安全で快適なお産となるが、自然(助産師)と科学(産科医)は融合せず競合しあっているのが現状である。医師が求めるのは科学的に実証された安全なお産、助産師が求めているのは会陰切開をしない、麻酔も無い痛いままのお産を理想に掲げ、それを自然分娩と解釈しているところに問題がある。
posted by タマちゃん at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 産科医の意見書
この記事へのコメント
産科の先生には「本当に運が悪かったですね」としかいいようがありません。
おそらく志高く産科を目指されたのでしょうが。
お産はほとんど夜明け、合併症を起こそうものなら警察沙汰。
国は医師を増やせば解決すると考えているようですが、増やしても産科を目指す人は増えないでしょう。
別に医師を増やさなくていいのです。
産科医が経済的に恵まれ、時間的な余裕を作ってあげれば産科をやめ婦人科のみになる人は減るでしょう。
そのためには、たとえばむだな道路に使われる金を今後の日本を担うであろう人たちの出産に回したらいかがでしょう。
たとえばお産は国が面倒をすべてみるようにする。また額も現在の額では不足です。
通常出産で最低でも100万円以上、そしてそのお金が経営者に中間搾取されないように産科医に何らかの形で直接わたるようにすべきです。
NICUに対しても同様に医師が恵まれる体制ににすれば必ず産科医はふえます。
マスゴミも医師の大量生産ばかり言いますが、その結果は形成外科医の大量生産になることを考えるべきです。
医師の大量生産には15年かかります。
産科医の優遇であれば5年でできます
Posted by 山田仁 at 2008年11月18日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10893792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック